天使のにもつ

 

天使のにもつ (単行本図書)

天使のにもつ (単行本図書)

 

 主人公は中学2年生の男の子。

かなりいいかげんな能天気な子。

5日間の職業体験で、ラクそうだからという理由だけで、

「エンジェル保育園」を選択してしまった…

悪戦苦闘の5日間の中で、

保育の現場の難しさや厳しさ、でも、豊かさあたたかさも感じていく…

という感動ストーリーが想起されますが、

そんなに深掘りせず、

中学2年生の男の子の理解程度で物語が進んでいきます。

メインストーリーは、ネグレクトの4歳の男の子との心の通い合いなんですが、

その子自身の思い、その子のお母さんの思いはまったく書かれていません。

2人を取り巻く環境についても一切詳しく触れていません。

保育園の保育士さんも、その話題に主人公が食いつくと、

「まあ、いいから」的に流してしまいます。

主人公も「カンケーねーし」と深追いしません。

「浅い」といえばそうなんですが、

最近の児童文学作家やYA作家の作品って、(ファンタジー作品を抜きにして)

このいい意味での「リアルさ」が読者の共感を呼んでいるような気がします。

主人公が劇的に(環境や年齢や常識を度外視して)状況を理解して、

劇的に行動を起こして、

劇的な展開が起こり、

劇的な結末を迎える、

的な、そんなものより、

主人公が身の丈(最近問題になった言葉。笑)程度の理解をして、

身の丈程度の行動を起こして、

身の丈程度の展開が起こり、

身の丈程度の結末を迎える、

的なお話、こういう話の方が、リアルで共感を呼んでいるような気がします。

 

「オレはなんにもしてやれない。なにかしてやれるほど、大人じゃない。なにが正しくて、なにをすることがこいつのためになるのかもわからない。守ってやる力なんてない。だいたいオレはアホだし。でも、いまこの瞬間にしてやれることだったらわかる。いまできることは、笑って、しおん君が握ってきた小さな手を、しっかり握り返す。それだけだ。」

 

そう、それだけ。(^ ^)

 

糸子の体重計

 

糸子の体重計 (単行本図書)

糸子の体重計 (単行本図書)

 

 いとうみくさんのデビュー作です。

この本で、第46回日本児童文学者協会新人賞を受賞しました。

この物語はとても心に響ました。

受賞したのもわかる。

 

全5章からなり、同じストーリーを、流れに沿って、

主要登場人物5人の視点で繋いでいきます。

主要登場人物が、糸子、町田さん、高峯さん、坂巻さん、滝島くんなんですが、

この登場人物は、物語によくあるアーキタイプで、

一念発起して成長するけど基本能天気、天真爛漫な主役、

主役を毛嫌いするクールなライバル(でも実はいいやつ)、

ヘタレなんだけど、主役に感化されてめっちゃ成長する友達、

ライバルの取り巻きの金魚のフンの敵役、

ユニークなムードメイカーだけどけっこうキーな役のやるときはやる男の子、

なんだけど、2章の町田さんを読んでいるところから、

4章の坂巻さんのところが気になってしょうがない(笑)

だって、ふつう、金魚のフンには焦点当たらないもの。

みんな愛すべき子どもたち。

完璧にハッピーエンドで終わらずに、

全ての章でそれを予感させて章を締めくくる。

そして、5章の滝島くんのところで、衝撃の事実がわかるんだけど、

ほんと、この作家さんはうまいなぁ・・・。

登場人物はみんな小学5年生なんだけど、

ブッククラブで語るには、

内容的には中学生なんじゃないだろうか。

町田良子ちゃんにはみんな惚れると思います(^ ^)

超オススメです。

ごきげんなすてご

 

ごきげんなすてご (BOOKS FOR CHILDREN)

ごきげんなすてご (BOOKS FOR CHILDREN)

 

 いとうひろしさんのおはなし。

いとうみくさんのこのはなしと同じようにおねえちゃんがすねるはなし。笑

https://kaisaki37.hatenadiary.org/entry/2019/11/27/225359

妹でかいじゅう、ではなくて、弟でおさる。

鉄板のようなストーリーだけど、

出てくるペットのいきものたちがおもしろい。

お父さんとお母さんのかかわりはもっとおもしろい。

「絵本ナビ」に、いとうひろしさんの作者コメントが載っていますので、

それを読むとこの作品に込められた意味がわかります。

https://www.ehonnavi.net/ehon/5392/%E3%81%94%E3%81%8D%E3%81%92%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%99%E3%81%A6%E3%81%94/

 低学年向けだけど、けっこうなページ数があります。

読み切ったら自信がつくと思います。

ぼうけんはバスにのって

 

ぼうけんは バスにのって

ぼうけんは バスにのって

 

 いとうみく作。

主人公は小学2年生の男の子。

低学年向き。

以上。

まあ、そういうもんもある(^ ^)

おねえちゃんって、もうたいへん!

 

おねえちゃんって、もうたいへん! (おはなしトントン)

おねえちゃんって、もうたいへん! (おはなしトントン)

 

 いとうみくさんの本を図書館から全部借りてきました。

この本がとてもよかったので、追い続けたいと思います。

https://kaisaki37.hatenadiary.org/entry/2019/11/14/000512

気に入ると、その作家さんをずっと追いかけてしまう読書傾向の人なので、

リーディング・ストーカーになってしまいます。

 

さて、この本、

いとうみくさんの低学年向けのお話です。

amazonでみたら、「おねえちゃんって〜」という題名でシリーズになっているみたいです。

これが何作目なのかはわかりません。

漢数字以外オールひらがなです。

小学1年生女子が主人公で、

いきなりお父さんと妹ができるという設定が1ページ目で明かされます。

妹が生まれておねえちゃんがお母さんからの愛情を受けられなくなって、

すねて、いじけて、でもお母さんの愛情に最後に気づく…

みたいなのが鉄板のストーリーでよくある話なんですが、

まあこの本もストーリー的にはそうです。

でも、設定が再婚して継父と連れ子がある日突然現れるという、

かなりぶっ飛んだ設定になっており、

これ、低学年、意味わかるかなぁ…と思ってしまいました。

まあ、意味なんかどうでもいいか。

とっても幸せなことだし。

でも、主人公の女の子は、

自分より身長も体重も大きい怪獣みたない妹をなかなか認められません。

で、ある日、2人で買い物にい行くということになってしまい…

というお話です。

いとうみくさん、やはりいいですね。

ガールズブルーⅡ

 

 Ⅰを読んで、いまいちみたいな感想を載せたけど、

https://kaisaki37.hatenadiary.org/entry/2019/10/25/232534

思わずⅡをとってしまった。

すみません、表紙に惹かれてしまいました。

マンガでもないのに、この手の策略にひっかかるとは!!

 

と、思ったものの、パラパラっとめくってみるとなんとなく面白そうな予感…

この「パラパラっとしてみる」というのも、

選書のきっかけになるひとつの方法です。

初見の場合は特に。

 

さてさて、Ⅰではなんの盛り上がりも見せなかったストーリー展開でしたが、

Ⅱではどうか!と期待しましたが、

そこのところはまったくぶれずに変わりなしです。

 

 

クライマックスへひしひしと迫る展開も、

巧妙な伏線も、

登場人物の劇的な変容と成長も、

強大な敵対する悪も、

胸がキュンとなる甘酸っぱさや切なさや、

「愛してるよ」「うん、私も」的なラブラブも、

 

でも、その素地はあるんです。

高校卒業後の進路を考える4人の高校生の悩みや葛藤を抱えるストーリー、

伏線だらけの登場人物(脇役含む)、

4人の高校生は優柔不断なお馬鹿女子と怠け者男子と入退院を繰り返す病弱少女と家庭的不幸をもつ肥満少女、

青春を邪魔する阻害要因や人物、

4人とも恋愛対象者がいる、

などなど、ちゃんと準備はできている。

なので、読者は期待する。

でも、何も起きない。。。

 

日常だから。

高校生の日常を、とてもうまく切り取っているんだな。

Ⅱでようやく気づきました。

リアル過ぎる。

ラストなんか、主人公の進路の決断がこれか!!

これがラストか!と思うけど、これが現実なんだな。

だから、2巻まで読んで、ようやくあさのあつこさんの技に気付いた次第です。

 

もうひとつ気付いたこと。

これ、全編、里穂のおしゃべりなんだな。

1巻から実はこの伏線敷かれていたよね。

これ、おしゃべりなんだよ。

だからこの読みにくさなんだ。

この伏線、2巻の最初のほうで「ん?」と思って、

そして、中盤で確信した。

 

大きなストーリー展開はないけど、

どきどきもわくわくもないけど、

主人公の里穂の気持ちは痛いほど伝わってきます。

如月いいやつ!

美咲の生き方には惚れる、

スウちゃんがんばれ!

これ、共感できる女子は多いと思います。

あさのあつこはやっぱり天才だなぁ。。。

 

 

 

里穂のおしゃべりに気が付いてから、

このアニメを思い出してしまった。

この小説とこのアニメ、ちょっとだけシンクロするところがあると思います。

そしてこのアニメ、めっちゃおもしろいのでぜひ観てください(^ ^)

 

 

鳥達のバラード アンプラグド

 

鳥達のバラード アンプラグド

鳥達のバラード アンプラグド

 

はじめての作家さんでした。

 

主人公に憧れるか、

主人公に共感するか、

どっちが多いんだろう。

「こうなりたい」か。

「私と同じだ」か。

以前読んだ、あさのあつこの「ガールズブルー」の主人公と同じく、

この作品の主人公に対しては「私と同じだ」と感じる子が多いと思う。

 でも、そうなると、あまり魅力を感じない主人公になってしまう。

イライラすると感じる子も多いと思う。

同じ話の中に、両方いればいいんだけどね。

うん。